成功する、アパート経営・マンション経営情報ならAP通信

AP通信

アパート経営の進め方

◆情報を集める

競売と聞くと、何やら怖く騒々しいイメージがありますが、今はそうでもないのです。ワンルームの資産運用を検討する人が、多く参加するようになったためなのです。

競売というものは、低価格で購入できることも可能ですが、その分多くのリスクがついてくるのです。それに下見のときには、物件の中を見せてもらうことはできません。

そもそも競売物件は、借金の返済が間に合わない債務者から、お金を貸していた銀行などが滞っている代金を回収するために取り上げたものなのです。ですので、入札には入念な調査が必要といえるでしょう。

価格が安いものには、必ずそれなりの訳があるもので、まさにハイリスク・ハイリターンということになるのです。

◆入札に必要な書類

インターネットや裁判所の掲示板、広島 賃貸などから気になる競売物件を見つけたら、具体的な情報収集のため、取り扱う裁判所に足を運びましょう。裁判所では、入札に必要な3点セットと呼ばれるものがあり、それを確認することが重要です。

  1. 物件明細書
    物件を貰い受けた際に、引き継がなければいけない賃借権などの権利関係が記載されています。
  2. 現況調査報告書
    ・物件の構造や現状、占有者の有無などについては記載されています。
    ・写真なども添付されています。
  3. 不動産評価書
    ・物件の評価額や周辺の環境について記載されています。
    ・図面なども添付されています。

また、競売には地方自治体で実施しているものもあり、良質な物件もあるようです。とにかく、競売物件はリスクを承知の上で購入検討しましょう。

◆建物の改修

長期的な視野から考える修繕計画は、アパート・マンションを長くもたせるために行うものですが、何年かけて進めるのかということによって変わってきます。

アパート・マンション経営を始めた理由が相続税対策であるなら、注意することが必要です。それは、つまり建てること自体が目的となっているので、その後のメンテナンスがされにくいと考えられるからなのです。

当然のことながら、修繕もせず放置したままの状態が続けば、入居者は減少し、賃料も低めに設定し直す羽目になるかもしれません。

そういう事態を防ぐためにも、アパートやマンションの建設を考えるときには、同時並行で長期修繕計画を立てておきましょう。

大抵、管理会社が修繕内容や時期について、計画をしてくれます。ですが、自分で管理をしていくなら、アパートの建物本体の補修や各部の交換時期など、ある程度の知識を蓄えておく事が必要です。費用の面でも、補修の度合いで異なってくるので、賃料の最低でも5%を修繕のために、積み立てて行かなければいけません。

◆修繕に関する費用

通常、修繕を行う際には、管理会社が契約をする業者がメンテナンスをおこないます。ただ、修繕費用が不足している場合、複数の業者に工事見積書を依頼し、競わせることで工事費用の負担を軽くすることもひとつの方法です。

安い金額で請け負ってくれる業者が絶対に良いとは言いませんが、少なくとも比較検討することによって選択の幅が広くなることは確かになります。

◆見た目が肝心

アパート・マンションを経営するにあたって、外見や見た目というのは実は重要になります。実際、エントランス部分を工夫したマンションや、洋風な造りをしたアパートは人気が高いです。

アパートやマンションも日常生活の場所ではなく、商品として捉うことが大切です。ですから、例えば企画の段階で女性の視点に立ち、考えていくのもいいでしょう。

大抵、清潔なものが好まれ、不潔なものは敬遠されがちですから、印象を良くすることはとても重要です。趣味やセンスは人によりけりですが、大体において色の統一がされていて、汚れが目立ちにくい外壁材を使うほうがいいでしょう。

◆注目サイト

電話占い 復縁

最終更新日:2017/9/14

コピーライト